賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸マンション・アパートの敷金礼金について

賃貸マンション・アパートで敷金礼金の必要性についてまとめます。最近ではそれらのお金を払わなくてもよい、ゼロゼロ物件をよく目にします。初期費用を大きく抑えることができる為、とても人気です。しかし、ゼロゼロ物件には思わぬデメリットが潜んでいることがあります。例えば退去時に「敷金代わり」や「修復費」としてお金を要求されることがあったり、支払いが少し遅れると強制退去や鍵を変えられたという事例もあるそうです。また、住環境に問題が発生しやすいという欠点もあります。実際に学生が部屋で騒ぐ声などによる騒音トラブルも後を耐えないそうです。

元々敷金には退去時の部屋の修繕費として前払いしておくお金です。ですから部屋に傷や汚れなどの異常が見られない場合は入居者に返還されるのです。そして礼金には、家主への「これからお世話になります。どうぞ、よろしくお願いします」という気持ちを込めて手渡すものです。その気持ちがあるかないのかで家主側の気持ちも変わり、多少の家賃滞納で強制的に部屋を追い出されることはまずないはずです。以上のことから、敷金礼金の制度のある物件を選ぶことを私はおすすめします。0円というキャッチコピーに惑わされないよう注意しましょう。

推奨記事