賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸契約をする時に必要な敷金と礼金

賃貸契約をする時に必要になるお金として敷金と礼金があります。まだ引っ越しの経験がない人は、漠然としたイメージしかないかもしれません。敷金とはいわゆる担保金のことで、部屋を借りている間に汚してしまい退室時にきれいにする必要がある場合、または家賃を滞納した時のために最初に大家さんに預けておくお金のことです。敷金は、退室する時に全額戻ってくる可能性もありますが、借り主の不注意で壁に穴をあけてしまったり、畳やふすまを汚していたりした時は修繕費用を差し引いて返金されます。そして、礼金とは昔からある習慣のようなもので、賃貸契約をする時に大家さんに今後お世話になるということで渡す挨拶代わりのお金です。敷金と違ってこちらは退室時に絶対に戻ってくることはありません。

最近では、敷金礼金ゼロという物件も増えてきました。これは借り手側からするととても魅力的に感じるのですが、実際は保証金が何ヶ月か必要だったり、他にも室内クリーニング代がかかったりする物件も少なくないので、言葉通りには受け取れないことも多いです。ただ、礼金に関しては物件が古くなっていたり、大家さんがなるべく空室を避けたいと考えている場合など必要ないケースが増えています。賃貸契約の際にできるだけ出費を抑えたい人にはおすすめです。

推奨記事