賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸物件の敷金礼金について

私が引っ越しを決めた当時、正直な所お金がありませんでした。あるのはその月に入ってくる25万円程度のお給料です。そこで不動産に行き、敷金礼金なしの賃貸物件をいくつか紹介していただきました。そのような要望にも不動産の方は嫌な顔せずに対応して下さりました。

そして、紹介していただいた物件の中から部屋を決めましたがその際に不動産の方に「敷金礼金は通常どのくらいかかるのか」ということを質問しました。通常は安くても当月の家賃に敷金が家賃1か月分に礼金も家賃1か月分なのでトータル家賃3か月分ですが、中には敷金礼金どちらかが家賃2か月分でトータル家賃4か月分の金額がかかる部屋もあると言うことでした。

そして住み始めて半年でまた引っ越さなくてはならなくなり、契約時に決められた2年を守れず、違約金を払いました。普通なら部屋に欠損や過度の汚れもなく清掃業者の介入のみで済む場合には敷金は返金されまし、修理箇所があった場合にも敷金で補てんされ、敷金から超過した場合のみ追加料金が発生します。ですが私のように敷金礼金を払っていない場合、修理があれば実費となります。敷金礼金がかからないと引っ越しの際には助かりますが、退去の際にはヒヤヒヤするものだと実感しました。

推奨記事