賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸を借りる時の敷金とは

賃貸を借りる時に「敷金」が必要になるとよく耳にします。たいていの賃貸契約時には敷金が必要になります。不動産会社に行く前に、敷金とはどのようなものなのか知っておくことをおすすめします。敷金というのは簡単に言えば大家さんに払う「預り金」といったところです。つまり契約を解除する際には借主に返還されるべきお金ということになります。ただし全て返還されるとは限らず、借主に債務不履行があればば敷金が使われ、借主にはその残りの金額が返還されることになります。契約中に問題がなければ敷金は全て変換されることになります。

また一般的に敷金というのは借主が退居する際の部屋の修繕費や清掃代に使われる事が多いです。部屋の修繕費等はその部屋の借主の使い方・汚し方の度合いによって異なります。もし部屋の破損や汚れが著しい場合には敷金の範囲内では払いきれず、別途で追加請求される可能性もあります。このことをふまえて賃貸は丁寧に大切に使うようにしたいものです。気をつけたいのは敷金をめぐる大家さんとのトラブルです。契約時に敷金について契約内容をよくチェックしておくことが必要です。うっかりすると敷金で大きな損をする可能性もあります。

推奨記事