賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸において敷金礼金賃料ゼロ物件は短期解約で違約金

パソコンを1円で買える、0円で買えるの広告を見たことがあると思います。今では珍しいものではなく、どんな内容かを知っている人も多いと思います。そういったパソコンは、インターネットの契約を一定期間行うのが前提になっています。主に2年ぐらい利用しなければいけません。もし途中でその契約を解除すると、違約金が発生するようになっています。インターネットの使用料が月5千円とすると年間6万円、2年で12万円になります。最初の1箇月で解約するとかなりの違約金になります。

賃貸において、敷金礼金がゼロの物件があります。また、フリーレントと言われるタイプのものもあります。なんと賃料が無料の物件です。ずっと無料ではなく、最初の1箇月や2箇月無料になるものです。ここで考えるのが、1箇月や2箇月だけ入居してすぐに退居したらどうなるかです。通常初期費用としては数箇月分の賃料が必要と言われていて、それが劇的に安いのです。家主からすると、長く入居してもらいたいと思って安くしているのです。

ゼロ物件に関しては、短期に解約をした時に違約金が発生することがあります。短期に解約する人をなくすためでしょう。長期的に利用する場合には、初期費用が安くなりますから、特に問題はありません。

推奨記事