賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸における敷金返還は精算の一覧表をもらうようにする

全てで10万円と請求書に書いてあったとします。一応それくらいかかると思っていたので納得して支払いました。しかし、内訳を聞いてびっくりすることになります。本来は製品に8万円ぐらい、アフターサービスに2万円ぐらいなのですが、製品は3万円ぐらいで、アフターサービスに2万円、不明なものに5万円ぐらい使われていたのです。期待したものよりもかなり劣る内容になっていました。事前に確認をしなかった方も問題があるでしょう。

賃貸においては、敷金の返還の問題があります。入居時に預けているものなので、返ってくるのが前提のものになります。賃料の未払いがなければほとんど返ってくるのですが、原状回復のためにかかる費用を引かれることがあります。きれいに住んでいたつもりでも、ちょっとしたところで汚してしまったり、壊してしまったりすることがあります。それらの部分については、負担も必要になります。負担するにしても、納得して負担をしたいです。

敷金については、後日銀行振込などをしてもらうことになりますが、そのときに精算の一覧表を送ってもらうようにしましょう。負担する必要のないもので引かれているのであれば確認をします。話し合いをすることもあります。

推奨記事