賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸で敷金礼金の無いもしくは安い物件はよく注意しましょう

賃貸物件の引越の際に管理会社に払うお金の1つに敷金・礼金というものがあります。いわゆる保険のようなものです。家賃が未払いになった時や内装で大きな修繕が必要な場合に回収されるお金なので、未払いや大きな問題が無ければ退去時に返金をされるものです。引越最初の支出は大きいですが、最終的に戻ってくるというのが分かれば安心ですよね。ただ、最近ではこの敷金・礼金が無かったり、極端に安い物件というのが増えてきています。こういった物件に引っ越す際に注意していただきたいのが、「条件」です。契約年数が長い場合がありますので、もしそれより短い期間で引っ越すことになった場合は、違約金を払う場合がありますので気をつけて下さい。また、修繕費などは敷金でまかなっていた分を、敷金が無かったり安い場合は、高額な修繕費を自分が負担することがあります。

他の物件に住むよりも傷などに気を遣う機会が増えますので、それも考慮しておいた方が良いです。また、敷金礼金が無い場合は家賃が極端に高い所もあります。これは毎月の支出で発生するものなので、分かりやすいと思いますが、安易に敷金礼金が無いから安いからと言う理由で物件を決めてしまうと様々なリスクがあります。それを理解した上で上手な物件選びをしましょう。

推奨記事