賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸の礼金について思うこと

賃貸を探す際、最近は「敷金礼金ゼロ」を掲げているところが多くなてきていますよね。以前は敷金と礼金は確実に支払わなければいけない、賃貸には必須の出費でした。そしてその額は合計で家賃の3ヶ月分以上になるところが多いのではないでしょうか。

もちろん敷金礼金を請求されないのは、借りる側にとってはとても助かります。しかし、その代わりに違う名目でお金を支払わなければいけないこともあるのです。わかりやすい例は敷金です。賃貸を離れる際に、部屋に破損があった場合の修理代金やクリーニングが入った時の料金を敷金から差し引くのですが、最初に敷金を払わない場合は、部屋を出る際にクリーニング代・修理代として別途請求されることもあるのです。

礼金に関しては考え方はいろいろですね。本来は部屋を貸してくれてありがとうと言う気持ちをお金で表したもののようです。しかしそれだと、大家さん的には部屋を貸してあげていると言う上から目線ですよね。でも、逆に大家さんが部屋を借りていただいていると言う気持ちがあれば、礼金の金額は指定できないものではないかと思います。借りる側は貸して頂いていると言う気持ちは大切ですが、貸す側も借りて頂いていると言う気持ちは大切ではないかと思います。

推奨記事