賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

関東と関西の賃貸の敷金礼金

日本で賃貸マンション、アパートを借りる時には敷金、礼金が発生します。日本の地方により敷金、礼金の意味合い、金額は多少違いますが、敷金は退去時に清掃、設備の破損を修復するための費用として利用されます。そして、差引いた金額が戻ってくるのです。それに対して礼金は全て戻ってこないのです。

関東の敷金礼金に対して、関西では保証金、敷引きという料金体系です。保証金は関東での敷金にあたりますが、敷引きとは家賃の滞納、退去時の設備の修理費用の金額をあらかじめ契約時に決めてしまうことです。その金額は退去時には戻ってこないのです。これは関西地方独特の習慣なのです。保証金6ヶ月、敷引2ヶ月であれば、契約時に6か月分尾家賃を支払い、退去の時には2ヶ月を差引いた4ヶ月分がもどってくるのです。

今までの敷金、礼金ですと、退去の時にどれくらいお金が戻ってくるか分かりません。しかし、敷引きですと、一定額が差引かれるので料金体系は明確で、トラブルの原因になる事は少なくなります。きれいな部屋であっても引かれてしまうデメリットはあります。関東、関西の商取引の歴史が現代に残っているのですが、最近ではそれも見直されつつあります。敷引きが0円で別途、清掃代を支払うケースもあります。

推奨記事