賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸で必要な敷金や礼金と言うのは

賃貸の礼金なのですが、どういった物なのでしょう。礼金なのですけれども、いわゆる慣習なのです。ようするに大家さんに対して、部屋を貸してくれてありがとうございますという意味が込められたお金なのです。このお金なのですけれども、戦後では、まず、焼け野原になってしまって住む場所が無かったという状態なのです。そのような状態で住まいを提供してくれるというのはとても、有り難い事だったのです。そういった事でお礼という意味で、支払っていたお金なのです。

そしてその礼金の慣習は、今でも続いているという訳なのです。ただ、最近は、戦後のように住居が無いという訳ではありませんよね。だから、最近では、礼金が無料という事も多いのです。後は、敷金と呼ばれる物があります。この敷金なのですけれども、いわゆる、部屋が壊れてしまった時の修繕費として、納めなければならないお金なのです。他にも、家賃を滞納した場合でも、その敷金等から差し引かれる事になるのです。これが、敷金や礼金なのです。

この敷金にしても礼金にしても、なかなかに大きなお金なのは間違いなのです。だから、契約をする時にはきちんと準備をしておいた方が良いのではないでしょうか。

推奨記事