賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸の敷金礼金について

賃貸アパートやマンションを借りる時には、初期費用がたくさんかかります。かなりまとまったお金が必要なので、きちんと予算をくんでから賃貸探しをするのも、いい部屋に出会えるポイントと言えます。契約に関わる費用をしっかりと知ってから、賃貸探しをしてみましょう。

初期費用の代表的なものに、敷金と礼金があります。敷金礼金は賃貸契約でしか聞かない珍しい制度です。敷金はその部屋を借りるうえで、最初に払う保証金のようなものです。丁寧に使うと、部屋を引っ越すときに全額返してもらえます。しかし、大抵の場合、全額返ってくるということはないようです。やはり使っているうちにある程度部屋は傷んでいくので、その修理費としていくらか引かれてしまうケースが多いです。

礼金というのは、部屋の所有者である大家さんに支払うお礼のお金です。いまは借りている部屋の大家さんの顔も知らないことが多いですが、昔からある慣例が今も礼金という形で残っているのです。大抵家賃の一か月分を支払うことが多いです。また、礼金のない物件も最近増えてきました。家賃一か月分はかなり痛い金額なので、礼金のない物件で条件に合う部屋を探すと、初期費用を抑えられます。

推奨記事