賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

敷金礼金が0となる賃貸物件の注意

賃貸物件を借りる時の初期費用として発生するのが敷金、礼金です。これは日本独自の制度で、しかも地方によってそのルールが違っているのです。関東では敷金ですが、関西では保証金になるのです。賃貸のアパート、マンションは借りる際は費用を抑えたい物です。そのため、最近では賃貸物件で、敷金、礼金がゼロ円となる物件が増えているのです。

敷金は、その部屋に対する大家さんのリスクなのです。部屋を汚されたり、壊されたりしたら敷金から支払い、差額を返済します。また、借り手が突然家賃が支払われなくなったりしたら、敷金から充当するのです。それに比べて礼金はそのまま不動産業者を仲介して大家さんに支払われるのです。敷金はある一定の期間以上住むことを条件としてあったりするので、事前の確認は必要です。

最近の敷金、礼金0円の物件は大家さんの安定的な収入を目的としているのです。初期費用が高くて入居者がいないより、初期費用をなくして安定的な収入があったほうが、ローンを支払う事が出来るからです。礼金0円は、公庫融資、年金融資、地方自治体融資などで建設した物件は受け取ってはいけないのです。ですので公団の住宅は礼金がありません。もし安く住むのであれば、公的融資がある物件をおすすめします。

推奨記事