賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸物件の敷金礼金の仕組み

賃貸のアパート、マンション、住宅を借りる時に初期費用として必要なお金として、敷金、礼金があります。関東地方では、敷金、礼金ですが、関西では保証金という名前であったりします。また、これらの意味も地方独特のルールがあったりします。保証金と敷金は、家賃の滞納、部屋の退去時の清掃、修理に必要となるお金です。退去時にそれらのお金が差引かれて戻ってくるのです。

戻ってくる敷金に対して、礼金は戻ってこないのです。仲介手数料ともいわれておりますが、大家に対してのお礼の意味のため不動産業者に支払います。家賃の一か月分が相場ともいわれておりますが、不動産業者によっても違いますので、賃貸物件を借りる時には確認が必要です。また、最近では敷金、礼金が0円の不動産物件が増えておりますが、そのときには0円になる条件があります。この条件を破った時には違約金を支払う必要がありますので、注意が必要です。

敷金、礼金が0円の物件でも退去時に設備が壊したり、汚れていたりすると、弁済費用を支払うケースもあります。きれいに設備を大切に使用していれば、入居時も退去時も費用は少なくて済みます。敷金、礼金は日本独自の制度です。近年は減少傾向にありますが、まだまだ地方ではありますので、その土地の不動産業者によく確認することをして借りましょう。

推奨記事