賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸の退去時の請求はリフォーム代ではありません

賃貸の退去時にお金を請求されることがあります。また敷金を予め収めている場合はその中からお金を払います。しかしたまにリフォーム代として請求される場合があります。これは敷金や退去時の費用としては全く法的な根拠がありません。例えば部屋に住んでいた人が勝手に部屋を改造して、最初の状態と全く違う内装にしてしまったという場合は当然、改修費としてお金の請求がくるのは当然でしょう。しかし普通に使っていて、部屋のリフォームが必要になったというのは話が違います。

部屋のリフォームが必要な場合というのは経年劣化によるものだと言えます。経年劣化とは住居は時が経つのに従い劣化していくものです。そういうことで古くなったから次の人に貸すために新しく見えるようにリフォームするということは直前に住んでいた人がお金を払う義務というものは全くないのです。そういうことでリフォーム代が必要だという話が来てもその理由をしっかりと聞いてからお金を払ってください。上記のように古くなったから改修が必要という理由は法的根拠がなく、払う必要のないお金です。もしかするとオーナーが法律的な知識がないか誤解している可能性がありますので、そういうケースの場合は不服を申し立てても問題はありません。

推奨記事