賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸でよく聞く敷金礼金

賃貸の契約と特約条項について

賃貸契約では特約条項を設けている場合があります。この特約条項は通常の賃貸契約にはないような特別な契約を結ぶ場合に盛り込まれるということになります。これについては納得がいくようなものもあれば、契約をして失敗をしたと後悔するものもありますので、必ず契約前に確認をしておくべきです。よく問題になる特約条項の代表的なものは敷金に関するものだと言えます。礼金については特にないのですがトラブルの種になるのは敷金だと言えます。

敷金とは、退去時に部屋をクリーニングしないと駄目だから費用が掛かるということで、充てられるお金のことです。退去時には当然に出て行く人は自分で掃除をするものです。綺麗にして出て行くというのは美徳ということもありますが、部屋が汚いまま退去すると清掃代を請求されることが多いですのでそれを防ぐ目的があります。それでも敷金から清掃代を引かれることがあるのです。こういった場合に揉めることはよくあります。場合によっては裁判になることもありますので貸し主が嫌になって、敷金礼金をゼロにする傾向も増えているのです。

ただその場合は実はよく特約条項が盛り込まれています。例えば、退去時に関わる条項が詳細に契約書に記載されているということです。これで知らないで契約してしまうと退去時に大きな金額を請求される場合もあります。無条件で原状回復費を支払う特約条項というものが盛られている可能性も無きにしも非ずですので敷金礼金ゼロの場合は特に注意した方が良いです。

推奨記事